FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
続きです

写真多めだから携帯の方は機種によっては重くて見られないかも ごめんなさい


今回はガチ智旅

智担のお友達と2人で行ってきました

とはいっても今回で会うのは3回目のお友達

でもまあ不思議なもので 同じサトシックっていうだけで、何だか何年も一緒にいるような感じでしたよ~


まずは祇園の方へ行ってみようということで阪急河原町駅下車

徒歩で10分くらいだったかな?

『まごまご』で智くんが行っていた『牛若丸』さん

カフェ牛若丸

ちょっと早く着きすぎて、OPEN前でした

こちら11:30 OPEN です

ショーケースには美味しそうなシュークリームの見本が並んでるんですけどね~

でもまだまだ開かないなら仕方ないってことで、早めにお昼を食べちゃおうってことですぐ近くにある『萬屋』さんへ

『萬屋』さんは『しやがれ』で登場した ねぎうどんが食べたくて!

九条ネギがたっぷりのあつあつうどん、美味しそうだったんですよね

12時に行ったら相当並ぶとの情報だったので、早めにGO!ってことで行ってみると

んん?

誰も並んでない・・・

嫌な予感

これはもしや

萬屋

「本日休業」の文字が

おなかはすでにあつ~いうどんな気分なのに!!

下調べって大事よね


お昼はここ!って決めてたので、かなりダメージ大きかったんですが、気を取り直して再び『牛若丸』さんへ

開店までもうしばらく待って、智くんが食べたハードシュークリームをお土産にお持ち帰りすることに


さてさてお次は高台寺のすぐそば、ねねの道にある『匠洛』さん

匠洛


ここも『まごまご』ですね

翔くんが「うんめぇ!」と言っていた白玉

ただ どのメニューだったのか記憶が・・・

ってことで白玉の乗っているものと、抹茶ゼリーを2人で分け分けしつつ頂きました

匠洛スイーツ


これ、白玉が弾力あって美味しいんだけど、アイスのってて超寒い

お店の方が親切にあつ~いほうじ茶と一緒にもってきて下さったので助かりました

この後どこへ行こうかと食べながら相談して、細見美術館も行けない距離じゃないなってことで次は細見へ

ここのお店の方、ホントに親切で、歩きでの行きかた・バスでの行きかたを細かく教えて下さって、小さなマップまで頂きました

さらに熱いお茶のおかわりを頂いて、出発!


バス通りに出ると丁度よくバスが来たので乗って行く事に

春からず~っと行きたかった細見美術館、やっと来れたな~ってここでかなり大満足

智くんが美術館に入る前に歩いていた川沿いの遊歩道です

美術館への道

ここね~

行く前にもう一度チェックしようと思ってたけど時間なくて・・・

とにかくこのあたり沢山写真撮って、色んな方向見て、色んなところ歩いて見ました(^^;)

だってねぇ、少しでも智くんの歩いたところを通りたい!とか、智くんが見た風景を記憶にとどめたいって思うでしょ?

帰って確認したら、この写真の角度が一番だったので!

この左に見える白いポールの内側を智くんが歩きながら話していました

もちろんここも歩いてきましたよ

そしてこの遊歩道の先に細見美術館があります

細見美術館

天気が悪く逆光で暗いですね

さて、せっかく来たので2階の茶室へ行ってみました

この階段、智くんも登ったはずですよ

古香庵への階段


さて、ここのメニューも甘味・・・

さっき食べたしなあ、どうしよう??って思っていたら、中からお姉さんが「見学だけでもかまいませんよ」と
笑顔で襖を開けて下さいました

古香庵カフェ

来たかいがあったなあ~ じ~ん

中は暖かいし、お姉さんはわたしたちを通すと気を使って奥の部屋へ行ってくれました

古香庵


おかげで、番組をじっくり思い返しながら、智くんはこの辺に座ってたなあ とか 壁に掛けられた絵を目をキラキラさせながら見てたなぁって、同じように座ってみたりして(笑)

多分この辺だったよね?って自分も座って写真撮ってきました


名残り惜しいけど、次へ急ぎます

ひとまず京都駅までもどって時間が許せばこの後 東福寺へ行くつもりでしたが、長居しすぎちゃった

これはマズイねえってことで、今回のメイン『たき川旅館』へ

もっと近いかと思ったんですが、あちこち歩きまわったわたし達の足には遠く感じたなあ

そして地図を確認しながらまだ着かないなって思ったとき

看板が!!

来ちゃいました(涙)

たき川旅館

滝川旅館

2年間、智くんが暮らしていた場所

じ~ん

何だろな、泣きたくなったよ~

この写真の建物は今は旅館としては使われてないようで、御用のかたは本館へと書かれていました

今は斜め向かいにある旅館の方を本館としているのかな?


さて、ここで迷います

旅館の方に声をかけるか否か

あなたならどうします?


泊まりもしていないのに行っていいものか?

かなり迷ってから、思い切って中に入りました!

しかし自動ドアが開いても誰も気づいてもらえず、奥の方から話し声が聞こえてくるだけ

ああ・・・もう無理だわと外に出たけど、やっぱり諦められず中に入りなおして声をかけました

覚悟を決めて

「こちらの旅館は、嵐の大野さんが泊まっていらしゃった旅館ですか?」って

旅館の方はにっこり笑って「はい、そうですよ むこうの館の2階の真ん中の部屋なんです」って答えて下さいました

さて、ここからどうしよう・・会話が・・・

そこで、「外から写真撮らせてもらってもかまいませんか?」と(いや、もう撮ったんだけどね)

すると快く「どうぞ、かまいませんよ」と

さてさて、また沈黙です

年甲斐もなくモジモジしていると、「中に事務所OKの写真を飾ってますから、よかったら上がって見て行って下さい」とニッコリ

何と有難い(泣)

お礼を言って飾ってある写真を見せて頂きました


ふふふ、何とも可愛らしい智くん

町田くんとお部屋で並んで座ってる写真とか

部屋にある電話が超レトロで時代を感じます

最近の智くんよりオシャレに気を使ってそうな格好(笑)

顔つきは可愛いとしか言えないな

エイトくんの写真もありましたよ


じっくりじ~っくり拝見して、もう一度ちゃんとお礼を言って外に出ました

それからまた京都駅に向かって歩きました

智くんも毎日通ったかなあ?

京都劇場への道

空席の目立つ劇場へ毎日通う日々

辛いときも沢山あっただろうな

時には二人で やんちゃしたときもあったかな(笑)



ここはきっと沢山の思い出と苦労がつまった場所


行けて良かったです


智くんの強さの原点だもんね


結局お昼ご飯食べられなくて、お腹ペコペコだったんだけど、胸いっぱいで帰りましたよ


今回行けなかった場所、食べられなかったものもあるから、またリベンジしに行こうと思います


そのときは、もうちょっとリサーチして行きます(笑)









関連記事
Secret

TrackBackURL
→http://nanaminookasi.blog137.fc2.com/tb.php/211-7649badf
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。